インフォメーション


NEW!【ライブ】リアルゴールド ライブ出演 10/8(日)12時~ 道の駅なみおか

【音楽】リアルゴールド、アルバム『生たまご』発売中!全世界に配信も!

【ラジオレギュラー】
・青森放送ラジオ『張間陽子のハリコレ!』毎週(土)19:00~19:30
・青森放送ラジオ『GO!GO!らじ丸』毎週(水)(木)11:55~16:00 ラジオカーリポーター
・エフエム五所川原『フォーチュン☆レディオ』毎週(月)(火)11:00~12:55
・エフエム五所川原『ゆうがたGとーく♪』毎週(月)(火)16:00~18:00

司会・ライブ・イベント・演技等、出演依頼をお待ちしています!
お問い合わせは、電話050-5586-4750、メールyokoharima@hotmail.co.jp(@を小文字に)までお願いします。

2012年12月30日日曜日

来年の出演予定!『百年は、まだ来ない。』(入場無料!)

劇団エゴイスト第十九回公演
『百年は、まだ来ない。』

【日時】2013年1月27日(日)夜7時30分開演(開場は開演の30分前)
【場所】青森市 アウガ5階AV多機能ホール

入場は無料です!

【構成・演出】 高橋康子
【作】  夏目漱石、速瀬れい ほか
【出演】 高橋康子 張間陽子 更紗 文月涼一
【演目】
・ 「夢十夜」より第一夜(夏目漱石)
     ・ 「待つ宵に」(速瀬れい)
     ・ 「蛍硝子」(速瀬れい)
     ・ その他、新作短歌や詩の朗誦など
 
※上演時間は約45分。
アウガ駐車場と駅前公園地下駐車場は、駐車料金1時間無料。駐車券をアウガ5階カウンターへお持ちください。

今回は、わたくし張間陽子が初の一人芝居に挑戦いたします!
「待つ宵に」で竹久夢二の女・お葉を演じます。
入場無料ですので、ぜひお友達やご家族皆さまでお越しください!
 「百年、私の墓の傍に座って待っていてください。きっと、逢いに来ますから。」
夏目漱石の名作「夢十夜」から連なるイメージの世界。
暁にそっと花弁を開いた白い百合の花は、竹久夢二をも魅了し、若き硝子職人はルネ・ラリクに憧れて風鈴を作る。
新作短歌の発表もあります。
これからやってくる春が待ち遠しくなるような、儚い中にもあたたかみのある舞台に仕上げられれば、と思っています。

(劇団エゴイスト代表・高橋康子)


写真で振り返る『面っ!』

劇団青森どまんなか第二回公演『面っ!』(11月30日・12月1日公演)
しばれる中、たくさんの皆さまにお越しいただき、本当にありがとうございました!

(写真はクリックで拡大します)

◆一景

美・美子・久美の三姉妹が、ツアコン滝沢の案内で恐山のイタコ・くめの元に。
沼田面松斎が自分の先祖か確かめるため、東京からヒッチハイクでやってきた青年・沼田松二。
彼の起こすハプニングが原因で、くめ以外の全員に、南部と津軽の戦国武士たちが降りてきてしまう。

















◆二景

石川城落城の真実を語ってくれと、面松斎に迫る石川高信。
そこへ健一と健二の兄弟がチャンバラで乱入。
















息子たちの口寄せで、くめの娘・糸子に為信が降臨!
















「我は、南部右京亮為信である!」

















◆三景

面松斎と高信。

高信の軍師・金沢円生斎と、高信の馬廻り役・栃尾靱負。

為信の軍師・沼田面松斎と、大浦為信。


為信の姪・鶴姫が鼓を打つ。

石川城を一夜で落とした、面松斎の策とは一体!?





◆四景

くめの帰宅で無事に皆(?)元通りに。それぞれに降りた理由、松二が導きだした答えとは…。


















(写真撮影:福田真紀)


お越しいただいた殿方・姫方!大義であった!ワシは果報者じゃのう…。
戦国の武士たちに恥じぬよう、良き世のため、これからも頑張る所存でござる!
さらばじゃ!(糸子・為信・ハリーより!)

2012年11月24日土曜日

『面っ!』が新聞に載ったよ!

今日(11/24)の東奥日報朝刊11面エンタメ欄に、劇団青森どまんなか『面っ!』の記事が載っています!
ありがたい!東奥日報社様、ありがとうございます。
新聞を開いたら、クリント・イーストウッドの上に載っててちょっと面白かったです。
ぜひ、今日の朝刊を手にとってみてください。

























【日時】 2012年11月30日(金)19:30、12月1日(土)13:30/18:30
【場所】 青森市ワ・ラッセ イベントホール
【チケット】 一般1500円(当日300増し)、高校生以下1000円

私は、津軽為信を降ろす、イタコの糸子役で出演します。
チケットまだまだ手売りしています!
観に来れそうな方、そして仕事で行けるかどうかわからないけど、とりあえず予約だけでもしておくか、という方も大丈夫!
ご連絡お待ちしています。

携帯  080-1657-4201
メール yokoharima@hotmail.co.jp(@を小文字に)
張間陽子のツイッターやフェイスブックでも予約を受け付けています。

津軽と南部の攻防戦、しかと観ていただきたい。
11.30~12.1、戦じゃ~!!

2012年10月25日木曜日

面っ!

青森寒いねっ!プルプルするねっ!

さて、次回出演する演劇の公演詳細が決まりました。

劇団青森どまんなか第二回公演
 『面っ!』

難攻不落をほこる石川城が津軽為信軍に一夜で落城した。
その真相はいまだに不明となっている。だが今、その謎が、イタコの家で明らかになる。

【日時】 2012年11月30日(金)19:30、12月1日(土)13:30/18:30
【場所】 青森市ワ・ラッセ イベントホール
【チケット】 一般1500円(当日300増し)、高校生以下1000円






































謎のベールで包まれた石川城落城の一夜!
この歴史ミステリーを、原作・水木達郎の解釈、脚本・山田秀樹で演劇化しました。

私はなんと!今回、津軽為信役で出演いたします!
戦国武将を演じられるなんて!イエー!役者やってて良かったでござる!

チケット手売りもしてます!お越しいただけるかたは、ぜひ、私までご連絡ください!
携帯  080-1657-4201
メール yokoharima@hotmail.co.jp(@を小文字に)
ツイッターのリプライでも予約受け付けています。


11/30~12/1、拙者の武将っぷりを存分にご覧くだされ!

2012年9月15日土曜日

エフエム青森FESTA!

三連休は「エフエム青森フェスタ」!!
 
日時: 9/15(土)・16(日)・17(月) 10時〜17時
場所: アスパム1階 イベントホール
 
入場無料です。
15(土)11時は青森原人のコーナー!月曜日は高橋優さんのライブもあります!
三日間、ライブなどモリモリ盛りだくさんです。
アスパム秋まつりも同時開催!美味しい秋の味覚も満載です。
ぜひ、遊びに来てください!
 
『エフエム青森フェスタ』のスケジュールはこちらからどうぞ!
 
私は三日間会場にいます!(月曜日はラジモットがあるので14時まで)
見かけたらお気軽に声をかけてくださいね!
お待ちしてまーす!
 
 

2012年9月12日水曜日

写真で振り返る『てのひらの星』

8月23日(木)、劇団エゴイスト『てのひらの星』、おかげさまで無事に公演を終えました!
ありがとうございました!

(写真はクリックで拡大します)
 
16時、ゲネ開始。
合浦公園をお散歩中の方々がテント小屋を不思議そうに見ています。

バンボレオ!まどかの自主稽古シーンです。かっこいい。

短歌のお稽古シーン。躍動感があって、とても好きな場面です。

レイナVSまどか


「まーくんと同じ景色!」の一言で一気に仲直りする我らバカップル。

『わたしのすべて』

劇中劇シーン。海の精たちのダンスが、合浦の自然に馴染んでステキです。

「生身の人間の男!」乙姫、本性さらけ出しタイム。

太郎ちゃん、無防備!完全に飼いならされてます。

「私には目玉を」「私には両腕を」「私には両足を」女たちににじり寄られる太郎ちゃん。
竜宮城でのハイライト!人間だって魔物だって、女心は複雑なのです。

「女は海。深い泉。」


19:30、開演。本番。
ありがたいことに、客席は満席!気合いスイッチ入りまくりです。







『てのひらの星』を終えて

劇団旗揚げのために集まった若者たちの青春群像劇という内容でした。
劇団とは。演劇とは。役者はなぜ、何のために演じるのか。
セリフを言いながら、自分自身も一緒に考えさせられ、役と共に成長していったと思います。

キャリアが浅いのに主役に抜擢される翔子。戸惑いと覚悟。周りからの批判と嫉妬。
しかしそんな時、劇中の劇団代表まどかの、このセリフ。
「真ん中に立つものにはそれなりの苦しみがある。立てる人はどんどんそこに立って、勉強すればいい。翔子さん、あなたは堂々と!今の役のままで!」
役の翔子と、張間陽子を一緒に愛情たっぷり叱ってもらった気がします。
まどかを演じた劇団エゴイスト代表の高橋康子さんには、このお芝居を通じてたくさんのヒントやエールをもらいました。

「拾い上げてもらいたいなら、まずは自分が、誰かを支えてください。」
最も印象に残った、まどかのセリフです。素敵!
  

劇中劇での乙姫は、気品のある声や視線、優雅な立ち振る舞いを出すのが難しかったです。
ひとつの劇でいろんな表情を出す芝居は、とても良い経験になりました。
自分のことを「わらわ」って言う機会も、そうそうないし!

乙姫が本性出すシーン、最前列で観てた男の子が「コワイよ~気持ち悪いよ~」って言ってて。
そうだよね~ゴメンよ~って思いながらも、その声聞いたらコワイ演技がさらにヒートアップしちゃった!

今回は好きなセリフがいっぱいあったな。
「のぉ…太郎、なぜに人間はこうも儚い。」が実は一番好き。で、言う時緊張した。
クライマックスの「太郎!戻ってらっしゃい!」は、合浦の海に向かって叫んで気持ちよかった~!
 
たくさんの方に観てほしい芝居だったので、多くの皆さんが足を運んでくださったことに本当に感謝しています!

夢をつかむ人になって、そして誰かの夢になる人を目指して、これからも精進します!
ありがとうございました!


2012年8月19日日曜日

てのひらの星

いよいよ!公演日が迫ってまいりました。

劇団エゴイスト第18回公演 『てのひらの星』

【日時】 8月23日(木)19:00開場、19:30開演
【場所】 青森市合浦公園ステージ前広場 特設テント劇場
【チケット】 一般1,000円 中高校生500円 小学生以下はお気持ち
※チケット手売りしてます!yokoharima@hotmail.co.jp(@を小文字に)までお願いします。
劇団エゴイストのHPもぜひご覧ください。


【出演】 高橋康子 張間陽子 更紗 横山美樹 福田真紀 佐々木瞳

【ものがたり】
とある地方都市。
新しく旗揚げされることになった劇団のオーディションを受けるために集まってきた若者たち。
劇団内恋愛、主役の座を巡る駆け引き、トラブルメーカーの乱入‥。
果たして、無事に一座はまとまり、本番の幕は上がるのか?






































今回はなんと、青春群像劇!夏っぽい!

私が演じる晴山翔子は、明るくて、ドジでドMなアラサー女子。
ケンカ中の10歳年下のイケメン彼氏を追いかけて劇団に入ります。
素人なのに姫役に大抜擢されて、びびりまくり!でも役に入ると…あら豹変!という役柄です。








































劇団エゴイストの舞台は、衣装が凝っていてゴージャスなんですよ~。
女性がつくる劇ならではの煌びやかな世界観を、ぜひ観にいらしてください。

私にとって、初の独身役!初のテント芝居!もう~楽しみでしょうがない!がんばる!!

いくぞー!8、2、3!テントー!!

2012年8月17日金曜日

東奥日報に載りました!

今日8月17日(金)の東奥日報朝刊18面!
劇団エゴイスト公演『てのひらの星』の記事が掲載されました!ありがとうございます!


写真をクリックすると拡大します

この写真のシーンでは、わたくしハリー、コワイ姫の役どころを演じています。
頭にいろんなものがグサグサと刺さっております。
うん、みんなイイ顔してる!イイ写真だ!

8月23日(木)青森市合浦公園特設テントで、19:30開演です。
チケットは1000円。
手売りしてます!yokoharima@hotmail.co.jp(@を小文字に)までお問い合わせください。

よろしくどうぞ。

2012年7月14日土曜日

浴衣ロケ!

先月、ねぶたの里で、浴衣を着てロケをしたのです。
メンバーは、私と、青森原人でおなじみ田村余一さん、我らがハネトマスター・柳町トオル氏!
撮影は鈴木耕治師匠です。



















それがこれ!イオンのゆかたキャンペーン
全国FM38局の人気パーソナリティたちもゆかたでうたってみました!

ねぶたバックに浴衣で「あなたに」を歌う!!

いやぁ~歌って、難しいね!
歌詞があやふやで、鈴木師匠にちょっと叱られました。


撮影後は、ねぶたの里を見学タイーーム!
ねぶたを見たあと、嵐ファンのハリーのお目当ては…そう、もちろん!
























ニノが担いだ「招き猫ねぶた」!!
























とりあえず、持ち手のところの匂いをかいでおきました。
いろんな人の手のかほりがしました。


ばいばーい。

2012年7月13日金曜日

平熱大陸

ラジモット火金のバディ・横山さんが、ラジモットブログで、先日の楽市楽座の感想を「情熱大陸」風に書いてくれたよ!

ラジモットブログ2012年7月13日 『平熱大陸』

余談ですが、私の平熱はとても低いです。

楽市楽座終了後、タクミーと映画「Mr.&Mrs. スミス」風に記念撮影。
※横山氏はトゥーシャイシャイボーイのため、写真を小さめにしました。


ばいばーい。


楽市楽座に出演してきました!

7月7日、青森市合浦公園で行われた野外劇団楽市楽座の初の青森公演に、劇団エゴイストとしてゲスト出演しました!

写真左から、ハリー、劇団エゴイスト代表の高橋康子さん、更紗さん。

初めての野外!初めての回転する舞台!独特な空間の中で読む、短歌。貴重な体験になったな~。
楽市楽座の皆さんの佇まいや舞台での見せ方、そして何よりあの、野外劇での通る声と存在感!
すごく刺激になったし、勉強になりました。
いやっは~!次の芝居がんばろー!!って思った。

次回公演は、同じくこの場所、合浦公園で!
8月23日(木)19:30~
劇団エゴイスト公演 『てのひらの星』

劇団どくんごのテント小屋で、プレ公演として行います。
今度は初めてのテント!だよ。


ばいばーい。